合宿免許とは

運転免許を取得するには、通学型と合宿型とがあります。
通学型は、日常生活の合間に教習所に通って規定数の学科と技能の授業を受けて試験に合格して教習所を卒業する流れが取られます。
それに対し合宿型は、教習所が定める宿舎に宿泊して免許取得のための学科や技能の教習を受けるものです。
通学型の教習は最短でも3週間、最長で半年までで自分のスケジュールに合わせて取得をしますが、合宿免許は最短で2週間、長くなったとしてもその後追加で数日間延長されるだけです。
通学型の場合には最短で取得するためには追加料金を支払って特別に自分の時間割プランを組んでもらわなければなりませんが、合宿免許であれば初めから最短期間で取得することを前提に時間割が組まれています。
そのため、追加料金を支払うことなく効率よく教習を受けることが可能です。
連日教習を受けることができますから教習中に学習する内容はすぐに反復できますし、合宿中はアルバイトや学校もないですから運転免許取得のことだけに集中できますから教習内容が身につきやすいというメリットもあります。

社会人になっていたり、主婦であったりするとなかなかまとまった時間を作ることは難しいですが、合宿で様々な人と共同生活することはとても有意義なものです。
大人になるとなかなか新しい友達を作るきっかけもないですし、その中から親友ができることも少ないですから合宿免許は友人を作る滅多にないきっかけになります。
そこでここでは合宿免許で特に心配される人間関係の様子について紹介をします。